ジェネリック医薬品のすすめ

家計にやさしいお薬をご存知ですか?
ジェネリック医薬品は、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後、新薬と同じ有効成分であることを
条件に承認された薬で「後発医薬品」とも呼ばれます。先発品と同じ成分であるにも関わらず、
新薬と比べて大幅に研究開発費を抑えることが出来る為、「価格が安い」ということが特徴です。
新薬としての実績が、有効成分の安全性を証明しており、品質基準をクリアしていますので、
安心して利用できます。ジェネリック薬の価格は、平均して新薬の約半額となりますので、
お薬代負担軽減に貢献します。 医師と相談の上、上手に利用しましょう。

Q1.ジェネリック医薬品とは

新薬の特許期間満了後に発売される薬です。

新薬は20~25年間特許に守られ、開発メーカーが独占的に製造・販売できます。 特許期間満了後になると、他の医薬品メーカーが厚生労働省の承認を得れば、製造・販売が可能になります。こうした医薬品の総称がジェネリック医薬品(後発医薬品)です。 また、製品によっては大きさ・味・においの改善・保存性の向上等・先発医薬品よりも工夫されたものもあります。




Q2.安全性と品質は?

新薬は、特許期間が満了するまで多くの患者に利用され、その成分の有効性や安全性は確認されています。 ジェネリック医薬品は、こうした経緯を経て開発されますので、効き目と安全性は十分に確かめられた薬だといえます。 また、国による厳しい品質基準をクリアしています。


Q3.安い理由は?

研究開発の費用・時間を大幅に削減できるためです。 新薬開発には、10~15年もの年月と、150~200億もの投資が必要といわれるのに対して、 ジェネリック医薬品の開発期間は3~5年。そのため、価格も平均すると新薬の約半分に抑えることができます。