治療用装具(コルセット等)を作った時

医師の指示により治療上必要があるとして治療用装具・治療用眼鏡を購入した場合に基準料金の7割が
支給されます。

あくまでも治療上必要なものであって、日常生活や職業上必要なものは対象となりませんのでご注意ください。


治療用装具とは

    • コルセットやサポーター(原則として市販品は含みません)
    • 弾性着衣など
    • 義手・義足・義眼など(症状固定後の装着は対象外)
    • 治療用メガネ・コンタクトレンズ
      (9歳未満の小児の弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用のみに限ります)

※上記以外にも治療用装具の対象となるものはありますので、ひかり健康保険組合までお問い合わせください。

治療用装具に当てはまらないもの

日常生活や職業上の必要性によるもの、美容目的、汚損・紛失・スペア(夜用・昼用)治療を目的としないものは対象外となります。

 

支給額

各治療用装具の基準額 (※)× 医療費負担割合(7割・8割など)

(※)実際に支払った額の方が少ないときは、実際に支払った額

各治療用装具については基準額が定められています。また、「支給される額の上限」いっぱいではなく、「実際に購入に要した費用の範囲内」で支給されます。



医師の指示のもと、治療用の装具を作成し支払いを行った。

 

被保険者
申請書及び添付書類の記入・提出
申請書 療養費支給申請書(国内)

※申請したい月ごとおよび医療機関ごとに1枚必要

添付書類

<治療用装具の場合>

  • 「装着が傷病の治療のため必要と認められる医療担当者の証明書」
  • 領収書および明細書(原本)

<治療用眼鏡の場合>

  • 「医師の作成指示書(意見書)」
  • 「検査結果(処方箋)」
    ※視力等の検査結果が明記されていない場合には、視力等の検査結果のわかるコピーも必要
  • 領収書(原本)
提出先

会社窓口

※任意継続者のみ直接ひかり健保へ提出

会社
ひかり健保へ提出
ひかり健保
受理後、1ヶ月程度で申請書記載口座へ入金